2010年01月14日

うみわけカレンダー

ネットサーフィンをしおりましたら、「産み分け」というテーマにたどり着きました。

今もですが、特に昔は、「身篭った」となると、生まれてくる子が「男の子」かどうか、これにとても関心を寄せていたようです。
特に本家、武家だったりすると、血統や世継ぎにかかわる内容ですから、とても深刻であるといえます。

中国の王宮では、昔から真剣に研究されていたそうです。

○産み分けカレンダー
UmiwakeHyo.jpg
 http://www.geocities.co.jp/SweetHome/8039/baby_hyo.html


これでみると、奥さんの場合は、「F」となるようです。

先日の検診では、ほぼ、女の子かも、という結果でした。
!あたってる?!

個人的には男の子でも、女の子でも、大歓迎です。

どうぞ、健やかにお育ち下さいませ…。

posted by いち at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。